ウィーアーさん

平凡な毎日を楽しく便利にするちょっと気になる話題をお届けします!

中小企業診断士

【中小企業診断士】駆け出し中小企業診断士が最初に取り組んむべき仕事は執筆!という3つの理由。

投稿日:2018年6月27日 更新日:

中小企業診断士の基本スキルは「読む」「書く」「聞く」「診る」だと言われています。

その中で「書く」に関しては、企業内診断士でも活動が可能です。なぜなら隙間時間に活動が可能だからです。

そこで、今日は中小企業診断士の「書く」に関してのお話です。

忙しくても対応できる!

執筆活動のいちばんのメリットは自分の時間を使って活動ができてしまうことでしょう。

執筆活動ならば仕事が終わったあとや早朝の空いている時間や、昼休みや電車の中などの隙間時間を使って活動ができてしまいます!

企業内診断士は平日昼間は本業に従事している方が多いですよね。執筆活動は時間の使い方を自己完結できてしまうのとても助かりますね。

中小企業診断士としての実績を作ることができる!

中小企業診断士になりたての人の場合、いきなりコンサルティングに従事するのって難しいですよね。

何の実績が無い人にコンサルティングを頼む社長さんってあまりいないです。

中小企業診断士になったからコンサルティング業務に従事したい!と思ってもゼロをイチにするのって相当ハードルが高いと思います。

執筆ならばクラウドソーシングなどのサービスを使えば、たとえ低単価の仕事であっても1本書けばとりあえず実績にはなります!

その瞬間からあなたは中小企業診断士兼ライターです。「資格だけとって何も活動してないんですよ〜」なんて事はもう言わなくて良くなるんです。

短期間で案件が完了する!

なかなか盲点なのですが、コンサルティング案件はプロジェクトの完了が1年先なんてこともあります。

その場合は当然、報酬の支払いも1年以上先になってしまいますよね。生活が出来なくなるなんてことはあまりないと思いますが、なるべく早く現金化したいですよね。

その点、執筆案件なら執筆開始から入稿まで長くて1ヶ月くらいでしょうし、入稿の翌月にはクライアントからの入金が期待できますよね。

支払サイトが短いって本当にありがたいと思います。

まとめ

駆け出し中小企業診断士や企業内診断士にとって、執筆活動はとても合うと思います。

まずは実績を作ることを最優先に考えて、とりあえず取り組んでみることをおすすめしたいと思います!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中小企業診断士
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中小企業診断士 第二次試験(平成27年/事例Ⅰ) A評価再現答案

私が合格した年の再現答案を晒していきたいと思います。 評価:A 解答の型は事例Ⅰこそ作成すべきと考えます。 目次1 事例Ⅰは難しいというけど、テンプレ解答でもある程度書ける2 開示請求したら 事例Ⅰは …

中小企業診断士2次試験。勉強仲間同士の勉強会は不要だと思う。

こんにちは。 今日は、中小企業診断士の2次試験対策において、勉強仲間による勉強会が必要なのか?という点について考えてみます。 よく受験校では勉強会なる非公式組織が組閣されると思います。 通常講義が終わ …

中小企業診断士の一次試験を独学で効率よく突破する勉強法

中小企業診断士の一次試験の勉強法について僕的おすすめを紹介したいと思います。 僕は一次試験に2回合格してしまったいわゆる多年度ベテラン受験生。しかもストレートで合格したことがない。だからと言ってしまう …

【中小企業診断士】中小企業診断士登録をしに中小企業庁へ直接出向いてみた!

中小企業診断士に登録する方法はいくつかある。基本は、実務補習を15日間終えたタイミングで自動的に登録されるパターンだ。 だが、僕は敢えて3回目の実務補習の際に登録をしなかった。 二次試験合格後、3年間 …

中小企業診断士の実務補習って何を準備していけばいいの!?

こんにちは。 今日は中小企業診断士の実務補習について、3回実務補習を受講した経験を踏まえ書いてみたいと思います。 中小企業診断士の二次試験に合格すると、大抵の方は15日間の実務補習を受講することになる …

 

◎ プロフィール

.......................................................................
It's never too late to start.
サッカーとラーメンと猫が大好きです。
20歳の老猫と穏やかに暮らしています。